過ぎ去りし日々Ⅲ

yamori1101.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

木陰で一局

d0006006_205493.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-30 20:54 | 絵日記
2005年 06月 30日

雨の日と紫陽花は

d0006006_0581225.jpg


大阪では梅雨を思い出したように雨が降りましたが
永くは続かずに曇り空へと戻りました。
雨が降らない所為で今年の紫陽花はダメだと色んな所で聞きますが
マクロで撮る分にはそうでもないように思う私は
花のことを知らない無知者でしょう。

雨という暗のイメージに色鮮やかさを増す紫陽花。
日頃は暗いイメージの私のブログも紫陽花を真似て明るくしてみました。
私の場合はやはり似合ってないでしょうか。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-30 00:59 | 絵日記
2005年 06月 29日

花菖蒲

d0006006_11465486.jpg


尾形光琳の『燕子花図(かくつばたず)』を真似て。
金箔地一色の大画面に
群青と緑青だけを用いて燕子花の群生を描いた光琳の絵とは
似ても似つかぬ ものですが
金屏風もどきが一緒だということで(^^;
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-29 11:56 | 絵日記
2005年 06月 28日

そして僕は途方に暮れる・・・2

湖畔の心地よい風を受けながら夕暮れを迎えた僕達は
浜辺の砂の上に腰を下ろし
対岸の山なみに陽が沈んでゆくのを静かに見つめていた。
そして陽が沈み雲を優しいピンク色に染めている頃
僕はそっと砂の上に君に伝えたい想いを書いた。
だけど君はそれを見ないで
真っ直ぐに前を向いて雲の動きをいつまでも見つめていた。
僕の想いは波に消えようとしていた。

d0006006_1355028.jpg

d0006006_1355174.jpg

d0006006_13553062.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-28 13:57 | 絵日記
2005年 06月 27日

午後の微睡み

d0006006_20195332.jpg


                  君の夢をみた
                     君は笑っていた
                  そして砂糖菓子のように崩れていった

おまけ
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-27 20:25 | 絵日記
2005年 06月 27日

d0006006_1335090.jpg


        囚われてみたい  愛という名の罠なら  もう一度  ・・・あははは これじゃぁ演歌だよ(^^;
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-27 01:35 | 絵日記
2005年 06月 26日

水に棲む

d0006006_1424989.jpg


今回で3度目の訪問となる草津水生植物園にて。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-26 01:43
2005年 06月 25日

湖畔の夕暮れ

d0006006_029610.jpg


朝から雲に覆われ陽は僅かの間しか顔を覗かせず
夕陽は期待出来ずとも
夕風は湿った体に心地好かろうと湖畔に来た。

だがなんということだろう
陽が比良の稜線に沈む僅かの間
顔をを覗かせたのだ。

それはこの世界を真っ赤に染めるような夕陽ではなかったが
雲と湖を薄いピンク色の変え
一日の終わりを
優しく穏やかに締めくくってくれた。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-25 00:31 | 絵日記
2005年 06月 23日

静寂の空間

d0006006_22184753.jpg


            祇園の骨董屋のショーウインドウに写しこまれた風景は
            あたかもその空間に閉じ込められた如く静かで
            私を招いているような気がしてならなかった。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-23 22:20 | 絵日記
2005年 06月 22日

君を慕うころ

d0006006_2282537.jpg


                目立たぬように傍にいて
                少しの彩りを添えて
                そっと・・・
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-22 22:09 | 絵日記