過ぎ去りし日々Ⅲ

yamori1101.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 31日

白いレンズ

d0006006_230445.jpg

                   白いレンズにかえたのは
                   何か訳でもあるのでしょうか
                   この頃とても気になるの
                   カメラのまわりの小さなことが
                   写真とる私には
                   春の予感がうれしくて
                   花を撮る草原に
                   白いレンズがまぶしくて

いいなぁ~ 欲しいなぁ~ 白いレンズ
目立つなぁ~ カッコええなぁ~ 白いレンズ
でもなぁ~ 持って恥ずかしくないウデでないとなぁ~
って絶対買えないんですけど 今の金欠
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-31 02:37 | 絵日記
2005年 03月 30日

待ち侘びて

d0006006_14354610.jpg

         幾度目かのグラスを空け
         新しい煙草の封を切り
         さざなみのように聞こえる会話の声が変わろうとも
         私のまわりだけ時間が止まっている
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-30 14:37 | 絵日記
2005年 03月 29日

路傍の花

d0006006_15331932.jpg

d0006006_15335955.jpg

d0006006_15342460.jpg

            海岸のマンション建築現場は雑草が枯れ果て
            強い風に流れていく濃い灰色の雲と相まって
            荒涼とした都市の原野を思わせ
            近くある廃屋と思われる家の
            錆付いたトタン屋根の赤茶色が侘びしさを増幅していた。

           そんな風景のひび割れたアスファルト道の雑草のなかに
           私は君を見つけた。
           気品がある紫の小さな君を見つけた。
           私のなかをひとときの涼風が吹きぬけた。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-29 15:36 | 絵日記
2005年 03月 28日

灰色の空の下

浅い春の陽射しが隠れた灰色の空の下
存在を主張することなくただ其処に在る。
d0006006_17524974.jpg

d0006006_1753264.jpg

d0006006_17531662.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-28 17:53 | 絵日記
2005年 03月 28日

スローなバラードを聞かせて

d0006006_0342139.jpg

d0006006_0343416.jpg

d0006006_0345048.jpg

           静かに体を濡らす雨粒のように
           スローなバラードが心に沁み込む
           そんな夜は
           琥珀色の海に浮かべた想いとともに漂いたい
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-28 00:44 | 絵日記
2005年 03月 27日

えっ

d0006006_0572438.jpg
「あっ!」


d0006006_0575621.jpg
「えっ?」
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-27 00:58 | 絵日記
2005年 03月 26日

黄色い花

d0006006_9145887.jpg

最近、私の休日はおかしな天候が続いている。
この日も晴れたり曇ったり雪が降ったり。
そして風が強くて寒かった。

万博公園ではこの日から桜まつりが開かれていたが
桜はまだ蕾のままだった。

More
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-26 09:16 | 絵日記
2005年 03月 25日

万博

今日から万博が開催されるということで 私も出かけました。
でもどういうことでしょう パビリオンがひとつもありません。

えっ大阪じゃない 愛知でしたか(^^;
d0006006_203319.jpg


More
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-25 20:04 | 絵日記
2005年 03月 25日

兵庫県立美術館

大阪では晴間が覗いていた空も灘の駅で降りる頃にはすっかり曇り
美術館へ歩いている途中で雨が落ちてきた。

『ドレスデン国立美術館展』はゆっくりと楽しむことができた。
フェルメールの《窓辺で手紙を読む若い女》は私が写真で欲している一つの理想だ。
飾られていたレイピア(細い真っ直ぐな剣)は私を釘付けにした。

さて展覧会を観賞した後に天気が回復したので写真を撮ったわけだが
私は建物をどのようにして切り取ればいいか分からない。
眩暈のような困惑のうちに時間だけが過ぎていった。
d0006006_7124361.jpg


More
[PR]

by kumasann1101 | 2005-03-25 07:15 | 絵日記