過ぎ去りし日々Ⅲ

yamori1101.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:絵日記( 109 )


2005年 07月 05日

彼の朝

d0006006_6283318.jpg


ミナミを朝を過ぎた時刻に歩いていると
ボーイズバー或いはホストクラブだろうか
そこから出てきた彼と擦れ違った。
片手にネクタイを持ち疲れた表情で歩み去った。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-07-05 06:29 | 絵日記
2005年 07月 04日

エントランス

その前に立った時
もう一歩を踏み出すパワーは何だろう

d0006006_22511252.jpg

d0006006_22512984.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-07-04 22:51 | 絵日記
2005年 07月 04日

ミナミの真ん中で

高島屋の前から東へ南海通りを進み なんばグランド花月へは曲がらずに真っ直ぐ進み
次の道を左手へ曲がり暫く行くと千日市場がある。
はたして営業しているのかいないのか私は知らない。
真昼でも薄暗い通りに歩みいるのは少し躊躇する。
しかし本当の意味のミナミの闇は もっとさり気なく口を開いているのだ。

d0006006_0371870.jpg

d0006006_0373687.jpg

d0006006_0375013.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-07-04 00:39 | 絵日記
2005年 07月 03日

幻聴

d0006006_0484911.jpg

微かに聞こえてくるハイヒールの音に耳を澄ます。
「ねぇ 待ったぁ」
そんな馴染みの台詞が耳元で聞こえたように思った私は
驚いて振り返ったけど
薄暗い店内を照らす間接照明の
ほのかな灯りが創りだす影しか見つけられなかった。

d0006006_04923100.jpg

私は何を期待しているのだろう。
君とよく待ち合わせたこのバーに
君がまた現れることがあるなんて
そんなことを考えるほど程の
情けない男になってしまったのだろうか。

d0006006_050242.jpg

窓の外はいつのまにか雨の止んだ空が
いっそうの青を増し
夜の始まりを告げている。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-07-03 00:51 | 絵日記
2005年 07月 02日

ジントニックをもう一杯

d0006006_11281347.jpg


明るさを残した灰色の空から落ちてきた雨粒が
広い窓ガラスを伝って音もなく落ちていくさまを
開店したてのバーのカウンターに座って
ぼんやり眺めている。

私はこの時間のバーが好きだ。
まだ客は私以外居らず
静かにジャズが流れる中で
空が徐々に青を深めていくのを
ぼんやり眺めているのが好きだ。

レッドアイ
[PR]

by kumasann1101 | 2005-07-02 11:39 | 絵日記
2005年 06月 30日

木陰で一局

d0006006_205493.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-30 20:54 | 絵日記
2005年 06月 30日

雨の日と紫陽花は

d0006006_0581225.jpg


大阪では梅雨を思い出したように雨が降りましたが
永くは続かずに曇り空へと戻りました。
雨が降らない所為で今年の紫陽花はダメだと色んな所で聞きますが
マクロで撮る分にはそうでもないように思う私は
花のことを知らない無知者でしょう。

雨という暗のイメージに色鮮やかさを増す紫陽花。
日頃は暗いイメージの私のブログも紫陽花を真似て明るくしてみました。
私の場合はやはり似合ってないでしょうか。
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-30 00:59 | 絵日記
2005年 06月 29日

花菖蒲

d0006006_11465486.jpg


尾形光琳の『燕子花図(かくつばたず)』を真似て。
金箔地一色の大画面に
群青と緑青だけを用いて燕子花の群生を描いた光琳の絵とは
似ても似つかぬ ものですが
金屏風もどきが一緒だということで(^^;
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-29 11:56 | 絵日記
2005年 06月 28日

そして僕は途方に暮れる・・・2

湖畔の心地よい風を受けながら夕暮れを迎えた僕達は
浜辺の砂の上に腰を下ろし
対岸の山なみに陽が沈んでゆくのを静かに見つめていた。
そして陽が沈み雲を優しいピンク色に染めている頃
僕はそっと砂の上に君に伝えたい想いを書いた。
だけど君はそれを見ないで
真っ直ぐに前を向いて雲の動きをいつまでも見つめていた。
僕の想いは波に消えようとしていた。

d0006006_1355028.jpg

d0006006_1355174.jpg

d0006006_13553062.jpg

[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-28 13:57 | 絵日記
2005年 06月 27日

午後の微睡み

d0006006_20195332.jpg


                  君の夢をみた
                     君は笑っていた
                  そして砂糖菓子のように崩れていった

おまけ
[PR]

by kumasann1101 | 2005-06-27 20:25 | 絵日記